昨今の冠婚葬祭事情

SITE NAVI

家族葬とは

家族が亡くなり、葬儀をしますが、葬儀については通夜、葬儀共に遺族により行われるものでした。
その中で家族葬というものは、故人を遺族に取り戻すためにする葬式のことなのです。

告別式は、社会的な付き合いで準備されるイベントになるもので、本来の理想になるような葬式というのは、遠い親戚など縁がないような人が参加するものではなく、亡くなった故人と親しい遺族だけの別れの儀式になります。
現代の葬儀は、通夜と葬儀が告別式と言われるようになりました。
一時、告別式になってしまっている今の葬儀を本来の儀式にするのは、とうてい大変なことです。
そこで、家族葬という本来の葬儀になるような葬儀をしているのです。

家族葬は、通常の葬儀みたいに弔問客への対応などや、余裕がない形式的な葬儀ではなく、家族と親族など、本当に親しかった人同士だけで、故人の冥福を祈りながら、しめやかに行う送葬になります。
家族と故人が最後に一緒に過ごすものなのです。